調布飛行場での開発拠点の確保

航空機用カバー事業においては、型取りや装着検証を行うために、身近に機体に接する環境を整える必要があります。 私達は、フィリピン セブ島のAERO TOPに続き、調布飛行場(東京都)にある「川崎航空株式会社」と業務提携を行いました。 http://kawasaki-air.com/ 川崎航空が所有する機体、及び、調布飛行場内の他社の機体に関しては川崎航空の協力のもとで機体の型取りと装着検証を 行える環境が整いました。 先ずは川崎航空が所有する「セスナ206型」の開発に着手します。