We opened the Tagalog site.

We have added the Philippine Language (Tagalog) to the WAZA-COVER site. For us, Philippines is a very important alliance in the development and in manufacturing of our product. In addition, We are preparing to open a Spanish and Portuguese language in order to respond to the inquiries coming from overseas. We are looking forward for the deployment of WAZA-COVER in the future. Thank you.

We opened the English site.

Because there are a lot of views from abroad of WAZA COVER site, we added the English language. In addition we are preparing to open a Spanish and Portuguese in order to respond to the access from overseas. Please look forward to the future deployment of WAZA-COVER! ※ We are planning to open a Tagalog of the Philippines to the language of our site. Philippines for us, has positioned as an important alliance countries in the development and manufacturing.

フィリピン市場での先行販売を決定する

フィリピン市場私たちは、WAZAカバーのグローバル販売を視野に入れて、海外に製造拠点・販売拠点の確保に努めています。 日本では新機能生地を使ったカバーの発売時期を2016年7月に予定していますが、主に新興国向けに安価なカバーも投入します。 WAZAカバーの持つ技術は変わらず、生地だけを安価な素材にしてフィリピン市場にて先行販売します。 フィリピン セブ市街に現地法人を設立して、フィリピンでの自動車カバーの製造販売管理の拠点とします。 先ず、2016年5月より、ミンダナオ島「Dabow」にて製造販売をスタートし、次いで「ルソン島」「ネグロス島」「レイテ島」への拡張準備を進めて参ります。

業務拡張に伴い本社社屋を移転する

2013年10月10日、パテックジャパン設立から2年5カ月が経過しましたが、 業務拡張に伴い開発スペースと設備の増強が必要となり、2016年3月1日より同じ朝霞市内へ移転致しました。 新住所:〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘3-1-44 中澤ビル2階 TEL:048-483-4444(変更なし) FAX:048-483-4344(変更なし)                

調布飛行場での開発拠点の確保

航空機用カバー事業においては、型取りや装着検証を行うために、身近に機体に接する環境を整える必要があります。 私達は、フィリピン セブ島のAERO TOPに続き、調布飛行場(東京都)にある「川崎航空株式会社」と業務提携を行いました。 http://kawasaki-air.com/ 川崎航空が所有する機体、及び、調布飛行場内の他社の機体に関しては川崎航空の協力のもとで機体の型取りと装着検証を 行える環境が整いました。 先ずは川崎航空が所有する「セスナ206型」の開発に着手します。

海外での製造開発拠点の確保

開発商品を世界へ流通するために、海外での開発拠点・製造拠点の確保に動き出しました。 世界の主要な製造業が中国に集中する中、様々なリスクを回避しながら、より安い人件費と高い技術力を求めてセアン諸国への進出が急加速しています。 私達は、ベトナム・タイ・マレーシア・バングラディシュ・インドネシアなどと並んで注目を集めるフィリピンへの進出を決定しました。 フィリピンは、日本から直行便で4時間半と、他のアセアン諸国と比較しても最も近い距離に位置しており、渡航面でも貿易面でも優位な国です。 また、戦後のアメリカ統治による民主国家樹立に伴い、他の国が抱えるような労働紛争や暴動なども少ない国です。 私達は、フィリピン セブ島の経済特区(NEPZ)にある日系縫製メーカーとの業務提携により、WAZAカバーの製造を行います。 更に、現地での製造管理を中心として行う現地法人(J-Patech Cebu Inc,)の設立準備に着手しました。 J-Patech Cebuは、1年以内に日本の開発能力と同等の業務を行える体制に持っていき、フィリピンにおいて、航空機や自動車カバーの型取り → 試作 → 検証 → 型紙製作 → マニュアル制作などの一連の開発業務を行える体制を整えて参ります。 ◆経済特区 フィリピンには300の経済特区が設置されている(2014年2月現在)。各地域に設置さ れた特区(エコゾーンなど)には多くの海外企業が入居し、PEZA登録企業の数は2014年1月現在で2,734社に上る。1994年にはわずか 331社だったが20年の間に8倍以上に急伸している。 300のエコゾーンのうち、製造業専門ゾーンが66ヶ所、ITパークまたはITセンターが 197ヶ所、旅行関連ゾーンが18ヶ所という内訳になる。 また現在PEZAとして登録申請中の地域が100強に上っている。 進出企業の多くは、当地で部品等を組み立て海外へ輸出する、いわゆる輸出加工型産業である。生産拠点の海外シフトは加速する一方だが、統計によれば、フィリピンの輸出高の80%以上はPEZA管轄の経済特区入居企業で占められている。 フィリピンに進出している日系企業の数は漸増傾向にあり、2000年468社、2005年517社、 2010年1,075社、2011年1,171社(在フィリピン日本国大使館)となっている。

株式会社パテックジャパン設立

「WAZAカバー」の事業母体となる新会社「株式会社パテックジャパン」を設立し、航空機用カバー・自動車カバーなどの「WAZAカバー」事業を開始しました。 主な事業内容は、特許技術開発・新技術開発・特許の取得と運用・特許技術に基づく新商品開発・開発商品の製造と販売です。 弊社の優れた商品(技術)は、ここ日本で誕生して世界市場へと発信されます。 所在地:埼玉県朝霞市本町2-6-4 前田ビル2階 TEL: 048-483-4444(代表) FAX:048-483-4344 http://www.patecjapan.co.jp